2010年04月29日

雨上がりはいつも

雨上がりはいつも

作編曲 MODISOLEIL
作詞  エリクシール工房
歌   初音ミク



きのう見た夢の中 部屋に虹がかかる
紅茶の湯気を染めて やがてほどけてく

窓のそとには 光がさして 
折れかけのこころ 照らした

雨上がりはいつも 泣くことにしてる
過ぎてゆく午後の中 白くなる

読み止しの頁に 零れ落ちてく涙
時に滲む

傘の花が閉じて 街に虹がかかる
それぞれの人影を やさしく彩る

世界の果てに 光をはこぶ 物語(終わることない)

雨上がりはいつも わたしに微笑む
(くらやみの向こう側 見えるでしょ?)

過ぎ去るまいにちの 過ぎ去らないかなしみ
融かしてゆく涙
ラベル:初音ミク
posted by モディソレイユ at 18:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

風を待つ

風を待つ

作編曲 MODISOLEIL
作詞  エリクシール工房
歌   初音ミク



空を横切って 大きな文字で書いた日記
白い月をかすめて 西風に乗って消えた
新しい日は 風の中で始まる

まわり道の 途中に
花をめぐって揺れる 思い出だけを残してく

帆をひろげ 春馬車に乗って 走り出す 行き先も知れず
いまわたしに響け 新しい歌 風よりまだ強く


あの日とつぜんに 終わりの雨が窓をたたき 目覚めた朝
世界は 簡単に 色を変えた
新しい日は ちぎれたまま隠れた

まわり道は ときどき 小さな花をくれた
甘い香りに すこし泣いた

かなしみは冬馬車に乗って いまごろは水底に消える
いまわたしは歌う 新しい歌 ララララ 風の中

帆をひろげ 春馬車に乗って 走り出す 行き先も知れず
いまわたしに響け 新しい歌 風よりまだ強く 強く

春馬車はガタゴト走る 流れ出す メロディと涙
いまわたしの中で 咲きはじめる景色が
吹き抜けてゆく

・・・風を待っていた
ラベル:初音ミク
posted by モディソレイユ at 00:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。